速攻ではじめるEラーニング!ユーザー登録

Moodleでのユーザー登録には次の4種類があります。

  • 個別登録(手動)
  • 一括登録
  • 自己登録
  • 認証連携(LDAP、AD、その他のデーターベースとの連携)

この4つの登録手法は、一般的にユーザー数や種類に応じて、下にいくほど大規模な場合に有効です。ここでは上から3つの登録方法について見ていきたいと思います。4つ目の認証連携については特殊な環境下での利用なので、別記事でご説明したいと思います。

ここでもシステム管理権限のあるユーザー(例:admin)でログインして作業を行います。

個別登録

**作成中**

一括登録

**作成中**

自己登録

WEBサイト(Moodle)上から自由にユーザー自身で登録してもうらう方法です。認証用のメールが送られてきてそこに記載のURLにアクセスすることで登録が完了します。最近の一般的なWEBサービスでよくある手法です。

設定方法

管理ブロック

サイト管理→プラグイン→登録→登録プラグイン管理
moodle_startup_008

管理ブロック

サイト管理→プラグイン→認証→認証管理
moodle_startup_013

以上で、設定は完了です。

運用方法

画面の流れにしたがうだけなので運用面で気にすることはありません。ただ、ユーザーがどのように登録作業をしているのか、ご自身でも一度登録し、確認することをおすすめします。

参考までに、ログイン画面から始まる登録の流れを以下に示しておきます。

1.ログイン画面の「新しいアカウントを作成する」を押下

2.アカウント作成画面で必要な項目を入力し、「私の新しいアカウントを作成する」を押下

3.次のようなメッセージが出るので、メールを確認。

4.以下のようなメールが来るので記載のURLにアクセスする。

5.Moodleにログインして、自己登録は完了。